スマートフォン用の表示で見る

大野明子

サイエンス

大野明子

おおのあきこ

産婦人科医。1957年岐阜市出身。1980年東京大学理学部化学科卒業、85年同大学院理学研究科化学専門課程博士課程修了、 「日本における天然ガス化学組成および同位体組成に関する研究」(卜部明子)で理学博士。無機地球化学専攻。温泉や火山ガス中のマントル物質を探る研究をしていた。出産後子ども母乳で育てる体験から産科医を志し、愛知医科大学医学部医学科に編入、1993年卒業する。日本赤十字社医療センター日本医科大学付属病院愛育病院、東部地域病院に勤務。1997年6月より出張分娩(自宅出産)専門の「九段お産相談室」(98年8月「明日香医院」と改称)を開設する。1999年6月より杉並区高井戸にて「お産の家明日香医院」開院。

分娩台,手術台を必要としない分娩を提唱

著書

  • 『分娩台よ、さようなら : あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい』メディカ出版 1999.7.
  • 子どもを選ばないことを選ぶ : いのちの現場から出生前診断を問う』編著 メディカ出版 2003.5 『「出生前診断」を迷うあなたへ : 子どもを選ばないことを選ぶ』講談社+α文庫
  • 『いのちを産む : お産の現場から未来を探る』文・構成 ; 宮崎雅子写真 学習研究社 2008.2
  • 『お産と生きる 大野明子対談集 : なぜ、自然なお産か産科医からのメッセージ』メディカ出版 2009.12
  • 『お産を語る 大野明子・対談集 : 自然なお産が教えてくれたこと』メディカ出版 2012.2
  • 『母になる : 赤ちゃんのいる人生へ』文・構成 ; 宮崎雅子写真 メディカ出版 2012.7

翻訳

  • プライマルヘルス : 健康の起源 お産にかかわるすべての人へ』ミシェル・オダン メディカ出版 1995.4.