スマートフォン用の表示で見る

大矢明彦

スポーツ

大矢明彦

おおやあきひこ

プロ野球選手。 横浜ベイスターズの監督。

右投右打、ポジションは捕手背番号は27番。


1947年12月20日生まれ。東京都出身。

早稲田実業学校高等部*1から駒澤大学に進学。

1970年ドラフト7位でヤクルトアトムズに入団。

1972年、一軍に定着。

ヤクルトアトムズヤクルトスワローズの正捕手として長く定着した。

「鉄砲肩」と呼ばれ、強肩には定評があり、ゴールデングラブ賞を5度獲得。

1978年、スワローズリーグ優勝日本一に貢献。

1985年、現役引退。


1986年、フジテレビニッポン放送野球解説者に就任。

うち1988年〜1989年はプロ野球ニュースの週末キャスターを務める。

1994年、横浜ベイスターズバッテリーコーチに就任。

1996年、近藤昭仁監督辞任の後を受けて横浜ベイスターズの2代目監督に就任。谷繁元信を育てた。

1997年、37年ぶりのリーグ優勝まであと一歩まで這い上がったものの、2位に終わる。

同年、退団。後任監督には権藤博が就任。

1998年の横浜ベイスターズ日本一の土台を作った。

退団後は、フジテレビニッポン放送野球解説者に復帰。

また、モルツ球団マスターズリーグ東京ドリームスの選手としても活躍。

次女の大矢陽子は2004年〜2005年、横浜ベイスターズの2代目オフィシャル・リポーターを務め、

同球団のウェブサイトにコラムを掲載していた。


2007年、横浜ベイスターズの7代目監督に就任し、監督に復帰。

成績不振を理由に2009年5月18日で休養、事実上の引責辞任となった。

*1早稲田実業高校。