スマートフォン用の表示で見る

大雄山線

地理

大雄山線

だいゆうざんせん

伊豆箱根鉄道大雄山線伊豆箱根鉄道鉄道路線小田原駅大雄山駅間9.6kmを結ぶ。

JR小田急などの車内放送では単に「大雄山線」と案内される。

なお、全駅が神奈川県下にある当該路線では、IC乗車カードPASMOSuicaが全線で利用可能である*1

駅一覧

駅番号駅名よみ
“えき”は略
営業キロ乗換
ID01小田原駅おだわら0.0JR東海道本線
JR東海道新幹線
小田急小田原線
箱根登山鉄道鉄道線
ID02緑町駅みどりちょう0.4
ID03井細田駅いさいだ1.4
ID04五百羅漢駅ごひゃくらかん2.3
ID05穴部駅あなべ3.1
ID06飯田岡駅いいだおか4.3
ID07相模沼田駅さがみぬまた5.0
ID08岩原駅いわはら6.0
ID09塚原駅つかはら6.3
ID10和田河原駅わだがはら8.2
ID11富士フイルム前駅ふじフイルムまえ9.1
ID12大雄山駅だいゆうざん9.6

沿革

大雄山鉄道として1925年に開業。曹洞宗 大雄山最乗寺道了尊への参詣鉄道として計画されたものであった。

1941年、大雄山鉄道は駿豆鉄道(駿豆線)に合併された。

1957年、伊豆箱根鉄道に改称した。

車両

使用車両は伊豆箱根鉄道5000系電車に統一されており、7編成在籍。ステンレス車体だが、1次車のみ鋼製車体。

主要機器は駿豆線と共通。そのため駿豆線内を普通に走れるし、違和感も無い。

ただし車内放送が多少駿豆線とは異なっている上、踏切反応灯が点滅して知らせるタイプに変わっている。


リスト::鉄道路線

*1:一方で全駅が静岡県内にある駿豆線はすべてのIC乗車カードが利用できない