スマートフォン用の表示で見る

大葉健二

一般

大葉健二

おおばけんじ

アクション俳優。

本名・高橋健二愛媛県松山市出身。

71年JACジャパンアクションクラブ)に入門。のちに千葉真一から「葉」の字をもらい芸名を大葉健二に改名。現在は俳優としては大葉健二、演出家としては高橋健二として名前を使い分けている。

テレビでは79年の「バトルフィーバーJ」のバトルケニア役や80年の「電子戦隊デンジマン」のデンジブルー役でスーパー戦隊シリーズレギュラー出演。その後、82年に「宇宙刑事ギャバン」のギャバン(一条寺烈)役でブレイク。その他「影の軍団IV」(85年)等に出演。

映画では83年「里見八犬伝」、84年「コータローまかりとおる!」等に出演。近年では「キル・ビル1」に師匠千葉真一とともに師弟役で非常に息の合ったシーンを演じている。

二枚目と三枚目を演じ分けられる演技の実力と、ギリギリまでスタントを使わない切れ味の鋭いアクションには今でも定評がある。

現在は俳優業とともに、愛媛県のイベント会社の代表取締役社長を務める。