大林千茱萸

映画

大林千茱萸

おおばやしちぐみ

東京生まれ。映画感想家。大林宣彦娘。

3歳から映画館に通い始め、以降年間300本のペースで映画を観続けて現在に至る。

14歳から雑誌・新聞・テレビ・ラジオ・各種パンフレットインターネットなど媒体無制限に活動。

うえだ城下町映画祭、自主制作映画コンテストでは第一回目から審査員として参加。

一方、料理家でもあり、「天皇の料理番・秋山徳蔵」の最後の弟子にあたる、元宮内庁東宮御所大膳課渡辺誠に師事。ACADEMIE CULINAIRE DE FRANCE(フランス料理アカデミー)日本支部を創設したアンドレ・ルコント、及び渡辺誠主宰の【Le Fin du Fin】より1997年にDIPLOMEを取得。

また、食事、テーブルマナーからプロトコール(国際儀礼)まで、広く食文化を探求するための【西洋食作法と美食の教室】を主宰。

そのほか、ビデオのキャメラマンとしても活動。レッド・ホット・チリ・ペッパーズ日本武道館ライブや伊勢正三のライヴ映像、邦画のメイキング撮影などを手がける。

責任編集本には「リュック・ベッソン」(キネマ旬報刊)、「なごり雪」(メディアファクトリー刊)などがある。