スマートフォン用の表示で見る

大和さくら

音楽

大和さくら

やまとさくら

1988年5月21日に都はるみのプロデュースにより、「王将一代小春しぐれ」でデビューした、元・演歌歌手。サンミュージックに所属していた。1988年の暮れのFNS歌謡祭で最優秀新人賞を受賞するものの、1989年に入り、2曲目の「キブンは赤い夕陽の三度笠」がコケて、苦悩の日々を送ることになった。