大和級 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

大和型戦艦

やまとがたせんかん

大和型戦艦は、大日本帝国海軍戦艦の艦型のひとつ。

大和」と「武蔵」の2隻が建造された。

3番艦の「信濃」は戦局の推移により空母として完成、4番艦は起工後建造が中止されている。

世界で最も排水量の大きい戦艦で、又、最も巨大な主砲(45口径46センチ砲)を搭載した戦艦でもある。

主な武装(新造時)

・3連装45口径46センチ砲−3基

・3連装60口径15.5センチ砲−4基

・40口径12.7センチ連装高角砲−6基

・25mm3連装機銃−8基

・13mm連装機銃−2基

主な武装(大和最終時)

・3連装45口径46センチ砲−3基

・3連装60口径15.5センチ砲−2基

・40口径12.7センチ連装高角砲−12基

・25mm3連装機銃−50基

・25mm単装機銃−2基

・13mm連装機銃−2基

装甲

舷側 410mm

甲板 200mm

主砲防盾 600mm