大和証券キャピタル・マーケッツ

一般

大和証券キャピタル・マーケッツ

だいわしょうけんきゃぴたるまーけ

[英] Daiwa Securities Capital Markets Co.Ltd.

大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社は、かつて存在した株式会社大和証券グループ本社のグループ企業の一つ。東京都千代田区丸の内 グラントウキョウ ノースタワーに本社を置いていた。

2012年4月1日付けで、株式会社大和証券グループ本社傘下のリテール証券会社であった、大和証券株式会社を存続会社として吸収合併され、リテール・ホールセールを一本化した大和証券株式会社となった。

沿革

1999年4月5日、旧大和証券株式会社(現在の株式会社大和証券グループ本社)及び旧住友キャピタル証券株式会社から営業を譲り受け、大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ株式会社として営業を開始。当時は、大和証券が60%、旧住友銀行(現在の三井住友銀行)が40%出資していた。

2001年4月1日、旧さくら証券株式会社から営業を譲り受け、同時に社名を大和証券エスエムビーシー株式会社(大和証券SMBC株式会社)に変更。また併せて、旧株式会社さくら銀行(現在の株式会社三井住友銀行)のホールセール証券業務を集約した。出資比率は株式会社大和証券グループ本社が60%出資、株式会社三井住友銀行持株会社である株式会社三井住友フィナンシャルグループ株式会社が40%出資とした。

2009年12月31日、株式会社大和証券グループ本社と株式会社三井住友フィナンシャルグループの合弁契約の解消。株式会社大和証券グループ本社の子会社*1となった。

2010年1月1日、大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社に商号を変更。

2012年4月1日、大和証券株式会社を存続会社として吸収合併され、リテール・ホールセールを一本化した大和証券株式会社に商号変更。

*1:2010年1月4日時点、株式会社大和証券グループ本社が 99.97%出資している。