スマートフォン用の表示で見る

第一次ロシア革命

一般

第一次ロシア革命

だいいちじろしあかくめい

ロマノフ朝の専制支配に対する不満を背景として、1905年「血の日曜日」事件を機に民衆が蜂起。ソビエト結成・戦艦ポチョムキン号反乱・全国的ゼネストが行われたが、政府国会開設公約武装蜂起失敗により退潮化。ストルイピンの反動政治期がこれに続く。