スマートフォン用の表示で見る

第三舞台

アート

第三舞台

だいさんぶたい

劇団。

主宰、演出、座付脚本家鴻上尚史

運営母体は株式会社サードステージ


劇団名の由来

第三舞台という劇団名の由来について、鴻上は以下のように語っている。

「まず第一舞台がありまして、それはスタッフとキャストが力を合わせた舞台のこと。第二舞台は観客席。第三舞台は、第一と第二の舞台が共有する幻の舞台。劇団の自己満足に終わらず、お客さんが付き合いで来ているだけでもない、最上の形で共有する舞台、ということで第三舞台と名付けました。

鴻上尚史/早稲田演劇新聞 1981年 VOL7より引用)


略歴


劇団員・関係した俳優

現在の劇団員は公表されていない。

公式サイトによると、1998年に行われた鴻上による意識調査に対し以下の俳優が劇団員であると表明した。俳優名の右にあるのは、マネージメントを担当しているプロダクション名。なお、現時点でサードステージに所属しているのは鴻上尚史のみである。

また、これまでに第三舞台に所属していた主な俳優、人物は以下の通り*1


賞歴

1987年、「朝日のような夕日をつれて」で第22回紀伊國屋演劇賞・団体賞受賞。

1992年、「天使は瞳を閉じて」でゴールデンアロー賞演劇賞受賞。

1995年、「スナフキンの手紙」で岸田国士戯曲賞を受賞。

*1:この中に西牟田恵、松田憲待などを含めていないが、これは正式に第三舞台に加入したとされるソースが今のところ見つかっていないため、載せていない。なお、西牟田サードステージとマネージメント契約を締結していたことがある(現在はホリプロブッキングエージェンシー)。

*2近江谷太朗ブログに「中年起業家」との記述がある

*3:現在第三舞台に所属しているか明らかにしていない(公式サイトより)。

*4第三舞台公式サイト、鴻上氏の文章より。ただし2002年当時であり、現在については不明