スマートフォン用の表示で見る

第二次チェチェン紛争

社会

第二次チェチェン紛争

だいにじちぇちぇんふんそう

チェチェン独立派勢力(チェチェン・イチケリア共和国等)と、ロシア人及びロシアへの残留を希望するチェチェン共和国チェチェン人勢力との間で発生した紛争であり、一般的にソ連崩壊直後から1996年まで続いたものを第一次チェチェン紛争、1999年に勃発したものが第二次チェチェン紛争と分類する。2009年4月16日に国家対テロ委員会は独立派の掃討が完了したとして対テロ戦地域からの除外を発表、10年の長きにわたった紛争は終結した。