第二次百年戦争

社会

第二次百年戦争

だいにじひゃくねんせんそう

The Second Hundred Years' War(英)

1689年のファルツ継承戦争から、ナポレオンの最終的な没落まで断続的に続いた英仏の抗争の総称。ヨーロッパだけでなく、新大陸インド等でも展開された。

年代

1689年〜1815年

発端

1688年の名誉革命によってオランダとの同君連合を形成したイギリスは、それまでの内輪もめとも言うべき三次にわたる英蘭戦争の時代を終結させた。翌1689年、ウィリアム三世はイギリスを対フランス同盟たるアウグスブルグ同盟に加入させ、ここにファルツ継承戦争が始まった。これは同時に、歴史的な拡張期へと入っていたフランスとイギリスとの対決の始まりでもあった。

主な戦争