第二次安倍内閣 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

社会

第2次安倍内閣

だいにじあべないかく

安倍晋三自民党総裁)を首班とする内閣自民党公明党による連立政権である。

第46回衆議院議員総選挙自民党大勝を受け野田内閣(第3次改造)に代わって2012年12月26日に発足。

アベノミクス(成長戦略)、消費者物価指数世界一、TPP参加、原子力発電所の扱い、憲法改正公共事業の優遇を課題としている。いわゆる大きな政府である。

閣僚名簿(発足時)

職名氏名内訳派閥
内閣総理大臣安倍晋三--
副総理兼財務・金融担当大臣麻生太郎再入閣麻生派
内閣官房長官菅義偉再入閣-
総務大臣新藤義孝初入閣額賀派
法務大臣谷垣禎一再入閣谷垣派
外務大臣岸田文雄再入閣岸田派
文部科学大臣下村博文初入閣町村派
厚生労働大臣田村憲久初入閣額賀派
農林水産大臣林芳正再入閣岸田派
経済産業大臣茂木敏充再入閣額賀派
国土交通大臣太田昭宏初入閣-
防衛大臣小野寺五典初入閣岸田派
復興担当大臣根本匠初入閣岸田派
環境相原発担当大臣石原伸晃再入閣石原派
行革公務員改革担当大臣稲田朋美初入閣町村派
少子化男女共同参画・消費者行政担当大臣森雅子初入閣町村派
沖縄・北方・科学技術担当大臣山本一太初入閣-
国家公安委員長拉致問題担当大臣古屋圭司初入閣伊吹派(休会中)
経済再生・経済財政・一体改革担当大臣甘利明再入閣石原派