スマートフォン用の表示で見る

第44回衆議院議員総選挙

社会

第44回衆議院議員総選挙

だいよんじゅうよんかいしゅうぎいんぎいんせんきょ

2005年(平成17年)9月11日に執行された衆議院議員総選挙

今日では郵政選挙と言われている選挙で、自由民主党公明党が圧勝した。時の首相自民党総裁小泉純一郎は、郵政民営化法案が参議院で否決すれば、自分は衆議院を解散して国民の信を問うと明言していたが、その言葉通り、参議院郵政民営化法案が否決されたので小泉は衆議院を解散した。

自民党郵政民営化に反対する議員選挙区に「刺客」と呼ばれる候補を送り、大半の議員が当選した(これを俗にマスメディアでは「小泉チルドレン」と言う)。これにより、自公両党は合わせて衆参で過半数を制することとなり、2007年の第21回参議院議員通常選挙までこの状態は続いた。ただ、自民党及=リベラル右派政党民主党保守政党と位置付ける事となった。

野党は軒並み議席を減らし、特に結党以来最大の大敗だった民主党は代表の岡田克也が即日辞任を表明。また国政選挙で1996年に小選挙区比例代表並立制が導入されて以降、全ての小選挙区候補者を立ててきた日本共産党議員の擁立が間に合わず、合計25の選挙区で擁立を見送る「共産空白区」という現象が生じた。

民主党は薬物の根絶をマニフェストに盛り込んだが、候補者の薬物使用による逮捕に伴い除名処分を下すこととなった。