鷹司信房

社会

鷹司信房

たかつかさのぶふさ

永禄8年10月25日(1565年11月17日)〜明暦3年12月15日(1658年1月18日)

日本の安土桃山時代から江戸時代にかけての公卿。父は二条晴良

鷹司忠冬の死により断絶していた鷹司家の名跡を継ぎ、再興させた。また、内大臣左大臣関白などを歴任した。