滝口康彦

読書

滝口康彦

たきぐちやすひこ

小説家

1924-2004 長崎県出身

1924年佐世保市生まれ、炭鉱で働きながらラジオドラマの台本や小説を発表。

1954年から作家生活に入る。翌年1955年「高柳父子」で初めて直木賞にノミネートされた。以後「かげろう記」「霧の底から」「仲秋十五日」「日向延岡のぼり猿」「主家滅ぶべし」で計六回、直木賞の候補になった。

 1958年サンデー毎日大衆文芸賞を受賞した「異聞浪人記」が1962年にタイトル「切腹」、「拝領妻始末」が1967年にタイトル「上意討ち−拝領妻始末−」として映画化されている。

                   

                                 −−佐賀新聞より−−

切腹 [DVD]

切腹 [DVD]

上意討ち-拝領妻始末- [DVD]

上意討ち-拝領妻始末- [DVD]