瀧口修造

読書

瀧口修造

たきぐちしゅうぞう

日本のシュルレアリズムを代表する詩人、造形作家、美術評論家

1903年明治36年)12月7日、生まれ。1979年昭和54年7月1日、死去。

西脇順三郎マルセル・デュシャンアンドレ・ブルトンなどとの交流でも知られる。

北川冬彦安西冬衛北園克衛などのいわゆるモダニズム詩人の詩とは一線を画す透徹した語法で、近代詩の中で独自の位置を占める。

武満徹加納光於荒川修作野中ユリ大岡信、そのほか、リスペクトするアーティスト多数。

日本において、真のシュルレアリストといえるのは瀧口のみとも評される。

《参考文献》
滝口修造 (新装版現代詩読本)

滝口修造 (新装版現代詩読本)