スマートフォン用の表示で見る

沢村惣之丞

一般

沢村惣之丞

さわむらそうのじょう

沢村惣之丞(さわむら そうのじょう 天保14年(1843年) - 慶応4年1月25日(1868年2月18日))は幕末土佐の人物。別名に沢村延世・前河内愛之助・関雄之助などがある。

土佐土佐郡潮江村(現高知県高知市潮江)の浪人の子として生まれる。間崎哲馬に師事し、学問を学ぶ。その後土佐勤王党に加入。

文久2年(1862年)に吉村寅太郎と共に土佐藩脱藩武市半平太への現状報告のため一時帰国するが、その後坂本龍馬らと再び脱藩している。勝海舟の門下生となり、海援隊に属す。

慶応3年(1867年)には坂本龍馬殺害事件の容疑者であった三浦休太郎の暗殺計画に参加するが、失敗に終わった。

翌年には維新の混乱から無人状態となった長崎奉行所に、沢村ら海援隊の人間が中心となって入居し、長崎の町を警備した。しかし1月14日の警備中、薩摩藩士・川端平助を誤殺してしまう。沢村は薩摩藩との軋轢を恐れ、海援隊本部で、薩摩藩側でさえ止めたが割腹した。享年26。