沢田雅美

テレビ

沢田雅美

さわだまさみ

女優

1949年7月11日、生まれ。

神奈川県出身

1964年、「ただいま11人」で女優デビュー。

1990年10月からスタートした『渡る世間は鬼ばかり』では主人公岡倉大吉藤岡琢也宇津井健)の次女・五月(泉ピン子)の嫁ぎ先・幸楽の意地悪な小姑・久子役でレギュラー出演。

2011年12月12日の徹子の部屋出演時に、60歳を過ぎた時から突然声の調子や指が痛くなってきてしまい震えがとまらなくなるなど悩んでいたが、その他にもバセドウ病に片目だけがなってしまったと初告白をし、治療写真を番組内で公開した。

2013年には長年に渡り所属していたさち子プロからアクトレインクラブへ所属事務所を移籍。4月3日には極秘で胃がんの手術を受けていたことが分かった。3月14日に夫の勧めで検査をしてがんが見つかり胃の3分の2を摘出して、手術の翌日には集中治療室から病室へ移ってからはリハビリ練習を行えるほどに回復