辰野金吾

アート

辰野金吾

たつのきんご

明治・大正期の建築家安政元年8月22日(西暦1854年10月13日)生まれ、 大正8年(1919年3月25日没。建築家明治12年工部大学校(後の帝国大学東京大学)造家学科を第1回生として卒業。明治16年英国留学から帰国。同大学校教授、大学長、建築学会会長を歴任。葛西辰野建築事務所を創立。

大型の建築物を数多く手がけたが、中でも有名なのは東京駅丸の内駅舎である。

東京駅に見られるような赤煉瓦と白い花崗岩を組み合わせた様式は、しばしば「辰野式」とまで呼ばれる。

主な作品

(弟子との共作や事務所名義での設計のものを含む)

ほか、多数。

なお、ソウル駅舎が辰野金吾の設計によるものとの説があるが、これには異論もある。

*1:現・京都文化博物館別館

*2:現・日本銀行小樽支店金融資料館

*3:現・南海電気鉄道浜寺公園駅

*4:現・福岡市煉瓦文化館