スマートフォン用の表示で見る

辰野隆

読書

辰野隆

たつのゆたか

たつの・ゆたか(1888-1964)、仏文学者

近代西洋建築巨人辰野金吾の長男として、明治21年東京赤坂に生まれる。東京府立一中(現・日比谷高校)では谷崎潤一郎吉井勇と同窓、府立一高では山田珠樹とも親交を結んだ。

大正末年、パリへ留学。東大仏文科でフランス文学を講じる。

東大仏文科の教室から、渡辺一夫小林秀雄中島健蔵今日出海三好達治中村光夫森有正ら、多数の異才を輩出。

名翻訳で知られるフランス文学者であると同時に、洒脱な随筆家としても著書多数。

かなりの名物教授であった。小林秀雄が「女と同棲しているので稼がなければなりません、ひいては授業に出ている暇はありません」とぬけぬけと言ったのに対し、「ばかやろう、それではお前の実力がわからんではないか」と試験を課し、「これくらい出来るなら、出なくてよろしい」といった逸話がある。