スマートフォン用の表示で見る

脱窒

一般

脱窒

だっちつ

酸または亜硝酸を窒素ガスに変えて放出する作用.湿地,特に干潟の泥質域や沼地のヨシ原などの還元的な場所で起こり,生態系の主要な自然浄化作用の一つである.

NO3−→NO2−→NO→N2O→N2

窒素ガスはすべて無機硝酸または亜硝酸に由来し,呼吸における電子受容体として酸素の代りに硝酸を用いてエネルギーの調達を行っていると思われる.

通常の高等植物や他の細菌類による硝酸,亜硝酸の還元過程が同化の過程であるのに対し,脱窒素作用は異化の過程であり,両者は区別される.