脱藩

一般

脱藩

だっぱん

脱藩(だっぱん)は江戸時代に武士が藩を脱出して浪人になること。

概説

戦国時代では、主君を違える行為は一般的に発生していたが、江戸時代に入ると、「脱藩は臣下の身で主を見限るものとして」許されない風潮が高まり、討手が放たれることもあった。これは、脱藩者を通じて軍事機密や御家騒動などが表沙汰になり、藩(藩主)にとっては致命的な改易が頻繁に生じたことも一因である。

歴史

しかし、江戸時代中期以降、太平の時代に入ると軍事機密の意味はなくなり、慢性的な財政難のため、家臣が禄を離れることは枢要な人物でない限り事実上自由になっていた。もっとも、その場合にも法的な手続をとることが要件となっており、これに反して無断で脱藩した場合には欠落の罪として扱われて、家名は断絶・闕所、本人が捕らえられれば場合によっては死刑にされたのである。

幕末には、藩にいると自由に行動できないので、脱藩尊王攘夷の志を立てようとする武士が増えた。藩の側も脱藩を黙認することが多かった。主な脱藩者には吉田寅次郎や坂本龍馬中岡慎太郎などが挙げられる。