スマートフォン用の表示で見る

脱法ハーブ

社会

脱法ハーブ

だっぽうはーぶ

違法薬物に似た成分を含み、吸引などにより幻覚作用などを引き起こす可能性の高い脱法ドラッグの一種。

ハーブ等の植物片に合成カンナビノイドなどを含有するハーブ製品。

概要

主に乾燥大麻の代用品として嗜好目的で出回っており、通常「合法ハーブ」という名前で販売されている。

なお脱法ハーブを販売する店では「お香」や「インセンス」などとして吸引目的では販売していない。

3g程度のハーブがパッケージングされているものと、ジョイントとしてタバコの巻き紙に巻いたものを販売しているケースが多い。

また、多くの専門販売サイトで配送サービスを行っているため、容易に入手できてしまう。

危険性

社会現象

健全なハーブ愛好家にとっては迷惑な社会現象。ニュースではどんなハーブ脱法ハーブになるか明確に示していない。公開すればどのハーブ脱法ハーブかを一般に教えることになるからだと思われる。

2013年3月、無作為に選んだ全国235の中学校に配布し、124校の生徒5万4486人が解答したアンケートでは「これまでに脱法ハーブなどの薬物を使用したことがあるか」という質問に、120人が「ある」と答えたことを厚生労働省が発表した*4

取り締まりの強化

2012年に入ってから脱法ハーブの取り締まりが加速化し、メディアでも頻繁に取り上げられている。

薬物依存 (岩波新書)

薬物依存 (岩波新書)

あぶないハーブ ―脱法ドラッグ新時代― (さんいちブックレット004)

あぶないハーブ ―脱法ドラッグ新時代― (さんいちブックレット004)