「原子力の安全観」に関する社会心理史的分析