スマートフォン用の表示で見る

谷間の百合

読書

谷間の百合

たにまのゆり

オノレ・ド・バルザックの著書。

「人間喜劇(コメディ・ユメーヌ)」シリーズ「地方生活情景」の一。自伝的要素が強く、主人公「フェリックス」は「バルザック」自身の過去を表しており、「アンリエット」はその初恋の相手であると言われている。

谷間の百合」とは、「フェリックス」が「アンリエット」を「谷間に咲く百合の花」に喩えたことからつけられた題名だが、単に「谷間」を「地方の寂れた場所」、「百合」を「美しさ」、という意味合いで使っているわけではなく、「谷間の百合」は、精神的に荒れ果てた孤独の中、理解されないという重荷を背負った「谷間」の中の唯一の美、のメタファーであると考えられる。


信用しすぎれば尊敬の念を薄め

月並みであれば軽蔑を以って報いられ

熱意を示せば搾取のカモになる


貴族界で成功する為の三つの暗礁は当時をよく表している。