スマートフォン用の表示で見る

谷口吉郎

一般

谷口吉郎

たにぐちよしろう

1904-1979

建築家。昭和3年東京帝国大学建築学科卒業、翌年東京工業大学の講師となり、5年に助教授、18年に教授となり、昭和40年に退官。帝大時代は伊東忠太の教え子。卒業論文名は伊東と同じく「建築哲学」。痛烈な批判力を持った評論、うってかわった名文をも紡ぎだした。戦前から戦中をへて戦後に至る時期における思想的な諸課題をうけとめようとした人物。代表作に秩父セメント第二工場(昭和31)、帝国劇場(昭和41)、東京国立博物館東洋館(昭和43)など。子息吉生も建築家