スマートフォン用の表示で見る

谷口浩美

スポーツ

谷口浩美

たにぐちひろみ

1960年4月5日

沖電気陸上競技部監督、元マラソン選手。

宮崎県那珂郡南郷町出身、小林高校 - 日本体育大学 - 旭化成。自己最高は2時間7分40秒。

小林高校時代には1977年・1978年と高校駅伝で連覇、日体大時代には箱根駅伝(57回〜59回)で山下りのスペシャリスト(6区)として3年連続で区間賞を獲得。

旭化成に入社後も1987年東京国際マラソン優勝、1991年世界陸上金メダルをはじめとする数々の輝かしい成績を残す。

1992年のバルセロナオリンピックでは給水時に転倒しながらも8位に入賞したが、その時の本人のコメント「こけちゃいました」は有名。1996年のアトランタオリンピックにも出場した。

1997年旭化成陸上競技部コーチ、1999年同ヘッドコーチを経て、2001年沖電気陸上競技部に移り助監督、2002年同監督に就任した。