谷口正朋

谷口正朋

(スポーツ)
たにぐちまさとも

バスケットボール選手。
1946年2月6日生まれ、東京都出身。
中大杉並高3年で全日本に選ばれ、バスケットボール世界選手権に出場。

中大4年次にはインカレ優勝に貢献。

卒業後、日本鋼管に入社。
1970年ユニバーシアードでは旗手を務めた。

チームでは日本リーグ4連覇などに貢献し、鋼管黄金時代を支えた。

1972年、ミュンヘンオリンピックに主将として出場。14位ながら得点王を獲得した。

1976年現役引退。
日本リーグMVP2回・9年連続ベストファイブ・5年連続得点王を記録。

引退後は日本バスケットボール協会の専務理事を歴任。
JBLバスケットボールドリームプロジェクトなどで後進の指導に携わる。

日本バスケ界史上最高の選手の一人である。

新着ブログ: 谷口正朋