スマートフォン用の表示で見る

誰かが嘘をついている

テレビ

誰かが嘘をついている

だれかがうそをついている

フジテレビで2009年10月6日放送の特別ドラマ。水谷豊主演。

満員電車での痴漢をめぐる裁判を描く。


公式サイト

http://www.fujitv.co.jp/dareuso/story.html

佐藤敏昭(水谷豊)は、妻と二人の子どもを持ち、時計会社の商品開発部に勤めるごく普通のサラリーマン

秋のある朝、敏昭はいつものように出勤するため、満員電車に揺られていた。電車から降りると、突然スーツの袖を掴まれる。振り向くと、「痴漢……しましたよね?」と女子高生・持田舞(佐津川愛美)が立っている。身に覚えのないまま駅員室に連れて行かれ、警察で事情聴取を受ける羽目になった敏昭は、会社にも家族にも連絡出来ないまま拘留される。

警察から連絡を受け、茫然自失の妻・美羽(宮崎美子)は、就職活動中の長男・貴浩(手越祐也)と高校生の長女・由香(谷村美月)には、帰って来ない父について急な出張だと説明した。

友人の山崎弁護士モト冬樹)が美羽から連絡を受け、面会にやって来る。無実だと敏昭が説明しても、「ここから出たいのなら否認はするな。罪を認めないと勾留が長引く。裁判にでもなったら99%勝ち目はない。痴漢事件の裁判はそれくらい難しい」と山崎は・・・・