丹羽兵助

丹羽兵助

(一般)
にわひょうすけ

政治家。(1911年5月15日〜1990年11月2日)

1955年初当選。90年の総選挙まで12回当選した。国土庁長官、労働大臣を歴任した。
90年に、地元の自衛隊歓迎セレモニーに来賓として参加するが、そこで狙撃され、輸血の際、自分とドナーの血液型を間違って輸血したことが原因で死去した。
孫の丹羽秀樹も衆院議員を務めていた。

新着ブログ: 丹羽兵助