スマートフォン用の表示で見る

丹下段平

マンガ

丹下段平

たんげだんぺい

漫画「あしたのジョー」に登場するキャラクター。


ドヤ街では「拳キチ」と呼ばれている元ボクサーで、左目の失明から現役を引退。後に小さなボクシングジムを興すが、ボクシングへの取り組みが前時代的だったため選手がついて来ず、ボクシング協会とも問題を起こし運営は失敗。ドヤ街で酒浸りとなる。


そのような状態でもボクシングへの執着は衰えず、活きの良い若者を見つけては声を掛けていたらしく、その一人が矢吹丈である。警察沙汰を起こし鑑別所に送られたジョーに「あしたのために(その1)」と称した手紙で通信教育をしたエピソードは有名。後に特等少年院力石徹と出会ったジョーに「クロスカウンター」を授けた。ジョーの出所後ドヤ街泪橋」の下に矢吹丈マンモス西を育てるべく「丹下拳闘ジム」を興す。