スマートフォン用の表示で見る

単位

キーワードの候補

2件

一般

単位

たんい

その数や量、距離などを表すための基準。

だいたい2種類に別れる

以下()内に書かれたものは、それが使われる代表的ないくつかで全てではない。


  • 内容に左右されず本質が安定したもの

センチ/インチ(長さ)・リットル(かさ)・グラム(重さ)・光年(宇宙での距離)・

秒/分(時間)・坪(敷地の広さ)・バイト(データ量)・ポイント(文字の大きさ)・

キロバトル(お笑い)……など


  • 数字上は一緒でも内容はそれぞれ異なるもの

柱(神)・人(人数)・体(人間の形をしたもの*1/悪魔)・匹(生き物)・頭(大きな

生き物)・羽(鳥類うさぎ)・本(長い物/ホームラン)・振り(竿/刀剣)・個

立方体に近い物)・粒(ごく小さい物)・枚(薄い物)・切れ(スライスされた物)・

欠片(大きな物から別れたもの)・口(食べ物/企み/応募)・食(食事)・棹(タンス)

・軒(家)・台(車/家電製品)・曲(音楽)・手(ゲームの順番)・足(靴/くつした)・

脚(椅子)・つ(わりとオールマイティ)……など


一筆・一献・一撃・一刀・など、単位のようでありながら、一しか付かないものもある。


関連語:二文字キーワード

*1マネキン・人形・わら人形など

一般

単位

たんい

主として大学生が、所属する大学を卒業するために取得を義務づけられているもの。

正確には、予習・講義・復習を含めて45時間の学習が必要であるものを1単位と呼ぶ。しかし、実際には一時間×15回の講義(試験を含む)を受講し、試験を受験した上で、一定以上の評価を受け、合格と認められたときに1単位を与えられる。(ただし、試験を受験という部分は、講義に出席・レポートを提出などに代わることがある)

また、多くの大学においては、講義時間を90分として、一つの講義について取得できる単位を2単位としている。

通年の場合は4単位であることもある。

足りないと怖い。

大学によっては、売店に置いて欲しい商品の上位になっていたりする。