単一予算主義の原則

社会

単一予算主義の原則

たんいつよさんしゅぎのげんそく

単一予算主義の原則とは、予算を単一の予算書のなかで全ての歳入歳出を包括させ、かつ予算の調製を1年度1回を適当とする原則。「単一会計主義?」、「予算単一の原則?」ともいう。

これは、国、自治体の財政全般について見通すことを可能とし、統一的・計画的な財政運営を行うために設けられている原則で、これに則り、地方自治体は毎年度開始前に一会計年度を通じて定められる当初予算を調製する。

例外

国、自治体業務は複雑多岐にわたるため、複数の会計に区分したほうが適切な場合があり、特別会計を設置することがある。また、予算編成も当初予算だけでなく、補正予算が編成されることから、予算の調製は必ずしも1回とはなっていないのが実情である。