単気筒

一般

単気筒

たんきとう

シリンダが一つのエンジン。

一気筒・単発などとも。

エンジンの重量は多気筒に比べて軽いが、低回転域でのトルク不足や、高回転数まで回せないなどという欠点*1もある。

50cc〜250ccのバイクで多く使われるが、時には600cc単気筒などというバイクもある。

しかもキックのみと来た日にはなにかの「修行」である(笑)

*1:それも利点だという人もいるが