単純所持

社会

単純所持

たんじゅんしょじ

単に所有していること。

概要

麻薬や覚醒剤、無許可での銃器の所持などが禁止対象となっている。

治安維持法があった時代には、カール・マルクスの『資本論』など共産主義的(とされる)文献などの単純所持が特高警察により禁止されたという。

近年では、児童ポルノ禁止法改正問題が起こるたびにしばしば単純所持禁止に対する賛否の意見が分かれ、議論の対象となっていることから、単に「単純所持」といった場合には、特に児童ポルノについてのことを指すことが多い。

2013年5月29日、自民公明日本維新の会の3党が児童ポルノ禁止法改正案を衆院に共同提出。改正案は、現行法で規制されていない児童ポルノの単純所持を禁止したもの。2014年6月4日、委員長提案として本会議に提出することを全会一致で可決。