単相交流

サイエンス

単相交流

たんそうこうりゅう

単相交流とは、波形がひとつだけの交流一般家庭で用いられている商用電源などがそれ。

周波数は、西日本では60Hz、東日本では50Hzである。

日本においては、高圧配電系統から単相柱上変圧器等で電圧を下げたのち、2本または3本の電線を用いて屋内配線に供給しており、電線が2本のものを単相2線式電線が3本のものを単相3線式という。

三相交流に対して電力の伝達効率は低いため、送配電用の方法としては用いられず、主に低圧配電系統(低圧電灯線)に用いられる。