単相3線式

サイエンス

単相3線式

たんそうさんせんしき

単相3線式とは、3本ひと組の引き込み線で引き込まれる単相交流のこと。

日本では、1980年代以降の家屋であるか、または既に40A以上の契約*1では、このタイプとなる。

分電盤のアンペアブレーカーへ引き込まれた線の色が、黒と白と赤の3色の場合、この単相3線式であると判断できる。また、外の電力量計に赤帯で白く「単3」と書かれていれば、単相3線式であると判断できる。

引き込み線の白線は中性線と呼ばれ、これは電柱上のトランスの部分で対地アースされており、黒‐白の間に対地電圧100V、赤‐白の間に100V、そして赤‐黒の間に200Vの電圧がかかっている。

このため、線の取り方によって100Vまたは200Vが得られ、かつ60Aまでが利用できるようになる。

*1:従量電灯Bの場合