スマートフォン用の表示で見る

担当

一般

担当

たんとう

受け持つこと。引き受ける、という行為そのものを指す場合と、その事項そのものを指す場合がある。「きみの担当はこの地区だ」という場合は後者。

その他、転じて以下のような意味を持つ。

  • 「担当者」の略。「この件の担当のヤマダです」などと名乗るのはこの伝である。
  • 「担当編集者」の略。「担当さん」とも。「この回から担当がタナカさんからサトウさんに変わりました」などと使われる。一部のエッセイや身辺雑記などの、作者自身の視点が露出する媒体でしばしば登場する表現。
  • 特定の作家やメーカーや雑誌のファンであることを指す表現。オタク・マニア的要素を持つ分野で、同好の士の間での会話で用いられる。「新連載読んでないってどういうこと? スズキ先生は君の担当だろ」のような文脈で登場。
  • 一押しのアイドルのファンの事で、「〜担当」または「〜担」として使用される。

ジャニーズファンによって用いられるが、語源が追っかけ用語なのでこの言葉を嫌うファンも多い。

関連語として「同担」や「自担」、「副担」などがある。


* リスト:リスト::ジャニーズ関連キーワード//慣用語