スマートフォン用の表示で見る

歎異抄

読書

歎異抄

たんにしょう

親鸞の晩年の弟子唯円著とされる。親鸞の没後成立。

親鸞宗教上の疑問を尋ね、その問答を忠実に記録し

親鸞本来の信仰のあり方を説こうとしたもの。