淡海三船

読書

淡海三船

おうみのみふね

淡海三船。(722-785) 淡海御船とも。


弘文天皇大友皇子)の曾孫、(葛野王の孫で父は池邊王。)奈良時代の漢学者。

若い頃入道し、法名は元開といい、還俗して淡海真人の姓を与えられる。

内豎・尾張介・山陰道巡察使・參河守・文部少輔・美作守・造池使・近江介・中務大輔・因幡守・刑部卿・大学頭・文章博士などを歴任。著書には『唐大和上東征伝』などがあり。『経国集』にはその詩文を載せられる。


釈日本紀』で『日本書紀私紀』の引用文によると神武天皇から元明元正天皇の漢風諡号を撰進したと述べたのが、確証がない。『懐風藻』の撰者だとも言われるが、これも確証なし。