檀君

一般

檀君

だんくん

概略

【단군】朝鮮において、神武天皇とよく比較される伝説上の人物*1。名は王倹。

『三国遺事』*2によると、紀元前2333年から1500年の間、朝鮮を統治したとされる。


三国遺事

魏書云:乃往二千載、有檀君王儉。立都阿斯達。經云無葉山、亦云白岳。在白州地、或云在開城東。今白岳宮是。開國號朝鮮、與高同時。


古記云:昔有桓因、謂帝釋也。庶子桓雄、數意天下、貪求人世。父知子意、下視三危太伯、可以弘益人間。乃授天符印三箇、遣往理之。雄率徒三千、降於太伯山頂。即太伯今妙香山。鍛甜下、謂之短圈是謂、桓雄天王也。將風伯雨師雲師、而主穀主命主病主刑主善惡、凡主人間三百六十餘事、在世理化。

『三国遺事』が『魏書』と『檀君古記』からの引用文という。

でも、『三國志』の「魏書」には檀君云々の記録が見当たらない。

また、今半島が流布するの『檀君古記』が偽書だと証明された。恐らく『三国遺事』の中の『古記』を附会するための偽作。

*1:しばしば朝鮮が日本より歴史が古いという根拠にされる

*2:が、三国遺事以前の半島史料檀君の存在が記録していない。