スマートフォン用の表示で見る

男はつらいよ

映画

男はつらいよ

おとこはつらいよ

リスト::日本の映画::題名::あ行

渥美清主演、山田洋次監督。松竹配給。

1969年〜1995年まで26年間・全48作に渡り「一人の俳優が演じた最も長い映画シリーズ」としてギネスブックにも載るほどの長きに渡り、製作された映画作品。

映画の本場ハリウッドにおいても同シリーズを超えるものはない。

出演

車寅次郎・渥美清

諏訪さくら倍賞千恵子

諏訪博・前田吟

車竜造・森川信松村達雄下條正巳

車つね・三崎千恵子

諏訪満男・吉岡秀隆

梅太郎(タコ社長)・太宰久雄

御前様・笠智衆

源公・佐藤蛾次郎

寅次郎の母(お菊)・ミヤコ蝶々

テレビドラマとその後のいきさつ

もともとは、1968年に放送されたフジテレビのドラマ。

20年ぶりに帰ってきた寅次郎が、まだ顔知らない妹・さくらとの再会から始まる。やがて、妹を案じる寅次郎とその恋を描き、大評判となった。しかし、最終回で寅次郎がハブにかまれて死んだことで、フジテレビに抗議が殺到。これが映画化にするきっかけとなった。第1作と第2作は、テレビドラマを基に構成。第3作以降から独自のオリジナルとなった。

テレビドラマで演出を手がけた小林俊一が、映画では、企画を担当した。

テレビ版でのさくらを演じたのは、長山藍子だったが、映画では倍賞千恵子が演じた。

しかし、このテレビ版のフィルムは、幻とされていたが、1996年に第1話と最終回のフィルムが発見され、フジテレビの番組内で放送された。


内容

葛飾・柴又を舞台に寅次郎と周りとの掛け合い。マドンナとの恋と人情、絆を強く描いてる。毎回、マドンナに振られて、旅に出るのがお決まりのパターンである。

しかし、いつしか寅次郎が恋の指南役になることも多くなり、ドラマの見せ場の一つになった。

ちなみに、当初は、舞台を別のところにするはずだったが、たまたまスタッフが見つけた先が柴又だった。映画がきっかけで柴又は、有名になり、下町の名所になった。