スマートフォン用の表示で見る

男装の麗人

一般

男装の麗人

だんそうのれいじん

清朝皇族親王の第十四王女、川島芳子(本名:愛新覺羅顯㺭(あいしんかくら けんし))が17歳で自殺未遂事件を起こした後、断髪し男装するようになったことをモデルとした小説。

芳子の端正な顔立ちや、清朝皇室出身という血筋といった属性は高い関心を呼び、芳子の真似をして断髪する女性が現れたり、ファンになった女子が押しかけてくるなど、マスコミが産んだ新しいタイプのアイドルとして、ちょっとした社会現象を巻き起こした。