知床半島

地理

知床半島

しれとこはんとう

北海道からオホーツク海に飛び出した半島。

知床国立公園に指定されている。半島中央部は山岳によって縦断されており、羅臼岳などの山がある。

行政的には網走支庁根室支庁の境界をなす。

2005年7月14日に半島と周辺海域を含めて世界自然遺産に認定された。

地名の由来

知床」の由来はアイヌ語で「地の果て(sir etok)」の意とされる。