知覧飛行場

地理

知覧飛行場

ちらんひこうじょう

かつて鹿児島県の旧知覧町(現在の南九州市知覧町)にあった日本陸軍飛行場。1941年に完成した。第二次世界大戦時には本土最南端の特別攻撃隊の出撃地となったことで有名となっている。戦後、施設は廃止された。