地域若者サポートステーション

社会

地域若者サポートステーション

ちいきわかものさぽーとすてーしょん

引きこもり」や「ニート」と呼ばれる若年無業者職業的自立を促すために設置された相談窓口?の名称。通称「サポステ」。

若年無業者自立支援において実績やノウハウのある各種団体を厚生労働省が認定、事業を委託し実施されている。平成26年現在、全国におよそ160か所設置されている。

同じ厚生労働省が開設・実施しているハローワークジョブカフェなどの就労支援機関?をはじめ、教育機関、保健・福祉機関(発達障害者支援センター精神保健福祉センターなど)、行政機関、地域社会などの様々な機関とネットワークを結ぶことで、当事者の悩みに対応している。

対象となるのは、15歳以上39歳以下の若年無業者本人とその保護者。厚生労働省若年無業者の定義を「15〜34歳の非労働力人口のうち、通学、家事を行っていない者」としているが、若年無業者の高年齢化や長期化を考慮し、2009年度から支援対象年齢をそれまでの34歳以下から39歳以下に引き上げる措置が取られた。

政府の事業主体厚生労働省である。サポートステーションの企画競争に応募するには地方自治体の推薦が必須で、地方自治体が推薦を受けたい団体の公募を行い、書類選考により推薦団体を決定、同省への応募に必要な推薦書を発行する。協働主体となる地方自治体は、都道府県市町村(東京23区含む)いずれでもよい。また、事業に応募する団体の法人格は問われない。同一団体による複数箇所への応募も可能である。