スマートフォン用の表示で見る

地下室の手記

読書

地下室の手記

ちかしつのしゅき

1864年発表。著者ドストエフスキー。中篇小説でありながら、俗に言う五大小説の全てを思想的に内包している。

主に日本特有といわれる、ひきこもり予言した著書ともいえる。