スマートフォン用の表示で見る

地球は青かった

一般

地球は青かった

ちきゅうはあおかった

ソビエト連邦宇宙飛行士、ユーリイ・ガガーリン1961年に世界初の宇宙飛行の帰還後に語った言葉。

実際にはガガーリンが「地球が青かった」と述べた記録はない。

「The Earth is surrounded by a characteristic blue halo.」(地球は独特な青い光の輪に包まれいている)

「The sky is very,very dark, and the earth is bluish.」(空はとてつもなく暗い。そして地球は青みがかっている。)

などとロシア語で述べ、それが英訳され、最終的に「地球が青かった」と簡略に日本語へと略されたという説がある。

他国での認知

日本では「宇宙からみた地球」を表すときの代表的な名言として認知されているが、他国ではあまり認知されていない。