スマートフォン用の表示で見る

地球シミュレータ

コンピュータ

地球シミュレータ

ちきゅうしみゅれーたー

NECが開発したベクトル型並列スーパーコンピューターノード数640台、総プロセッサ数5120個、ピーク性能は40TFLOPSに及ぶ(はず)。2002年6月から長く世界最速の座に就いていたが、2004年11月に、IBM製のBlue Gene/L beta-System(米エネルギー省)、SGI製のColumbia(NASA)に次いで3位になった。

コンピュータ内に仮想地球を作り、大気や海水、地殻の状態を高速かつ高精度にシミュレーションでき、中長期的な環境変動や災害などの予測、解明に使用される。

開発総費用は400億、年間30億円の維持費がかかる。

最近では地球シミュレーションだけではなく、自動車の開発に使おうとする動きもある。


所在:JAMSTEC 横浜研究所(神奈川県横浜市金沢区)構内